副代表 佐口 佳恵

佐口 佳恵(さぐち よしえ)と申します。


大津市京町で、大津行政書士事務所という事務所を開設している行政書士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士です。

大好きな女性経営者の方から「遺言の佐口」と命名いただき、遺言書作成や、いわゆる「終活」関係のセミナー講師・コラム執筆(読売新聞折込「ShigaYomi」滋賀県南部一部地域)をさせていただいております。(…が、文章を短く書くのが不得手です。長文申し訳ありません💦。)

 

また、幼い頃から、ごく小規模ながら経営者達(親族)に囲まれていたことが影響してか、最近では、創業前後の方や女性起業家の皆様との関わりが増え、交流会など開催しております。
志すところの「皆様の転ばぬ先の杖になりたい」という思いで日々活動しております。

 

以下では、今回のマルシェとその活動資金の支援をお願いするクラウドファンディングに取り組むに至った思いをご紹介させてください。

 

「何か始めてみたい……!」「今、始めないと後悔する…。」
子育てがひと段落された頃、仕事一筋に来られた方も40歳という人生の折り返し地点前後に、ふとそんな思いを持たれることはありませんでしょうか。
私も、そうでした。


私は、大阪・滋賀で通算15年、法律事務所事務員をしておりました。得意分野(住宅を守りつつ借金問題を解決する手続)もでき、やり甲斐のある仕事でした。
ですが、長年感じてきた思い…「紛争が起こってからのご対応はもちろん大事。けれど、争いになる前に関わり、少しでも争いを減らせないだろうか。」…という思いを眠らせておけなくなり、行政書士を始めました。


開業当初、滋賀に地縁血縁のなかった私は、家庭との両立に悩みながらも、3日と空けず様々な研修会・交流会・創業塾や経営スクールに通い、師となる方々や、志を同じくする仲間に出会うことができました。
私は、幸運でした。家庭がありながら外出することに周囲の理解を(かなり無理やりながら(笑))得られました。


でも、家庭を持つ女性、特にお子様がいらっしゃる女性の場合、そのような自由が利かない方も多いのではないでしょうか。

もし、自由が利かないと感じている女性の方、難しい状況の中で何か手がかりや情報が欲しいと思う方がいらっしゃいましたら、ぜひ今回のマルシェに足をお運びください。

 

今回のマルシェやクラウドファンディングで目指すものは、「大津」を、女性起業家の方やこれから何かを始めたい女性が活躍しやすい街にしていくための「繋がり」作りです。

大津市の経営スクールで学ばせていただいたことを自分たちだけに留めず、「身近な存在」として同じ悩みを持つ女性の皆様にお伝えできればと願っています。

4月18日旧大津公会堂に集まる私たちに、ぜひ会いにいらしてください。
貴女様の解決策となりうる何かを見つけるお手伝いをさせていただけるかもしれません。

 

私は、当日、コンシェルジュとして会場を回っております。
マルシェの店舗の案内をご希望の方はもちろん、起業されたい、何かしたい、何か話したいというだけでも、どうぞお気軽にお声がけください。
 
先述の「皆様の転ばぬ先の杖になりたい」精神で、知りうる限りできる限りの「ご案内」をさせていただければと思っております。

大津発!女性太陽化プロジェクト第一弾 咲く楽マルシェ4.18

2017年4月18日(火)10:00~16:00

旧大津公会堂3階ホール大津市浜大津1丁目4番1号

主催:大津市女性起業家経営スクール受講生

後援:大津市、大津市教育委員会

協力:株式会社Megami

問合せ: sakuramarche4.18@gmail.com