広報担当 橘高 幸

橘高 幸(きったか さち)です。広報を担当しています。

 

主に大津市内で【お琴・三味線教室 橘高 幸】としてお教室を広めるべく活動しています。 
https://www.facebook.com/okoto.syamisen.sachikittaka/

 

私がお琴を初めて聴いたのは大学生のときでした。大学のお祭りで箏曲部の演奏を聞いたのがきっかけです。 


高校までピアノを習っていた私は「弦楽器っておもしろそうだな」と思いました。発表会のときに着物が着られるというのもいいなと思いました。でも、そんなきっかけでまさか20年以上も続けることになるとは全く思ってませんでした。

 

以前、会社勤めをしていたときは、仕事、家事、子育て、どれもが中途半端で両立ができませんでした。 
時間が足りず、朝から晩まで疲れてたし、子どもとの時間が取れないばかりか体調も崩しがち。 
そんな中でもお琴、三味線の習い事だけはどうにか続けていました。
弦楽器は心の鏡ともいえます。自分の心の状態が糸に表れるからです。
どんなに大変なときでもお琴、三味線に没頭するとしばしの間、悩みを忘れてリセットすることができました。 
何より、無心になって自分で音を創ることが純粋に楽しかったんです。


子育てが一段落し「もういちど社会に出てみたいけど私に何ができるかな」と考えました。 
好きな事を仕事にできれば、私なりの時間の使い方で家族にも自分にも過度の負担がかからない生き方ができるかも。 
そして、人とは違う趣味がほしい、自分を磨く時間をもちたい、と言う人のお役に立てるかも。


まだ走り始めたばかりの私ですが、お琴、三味線の音色の素晴らしさを私なりに一生懸命伝えていきたいです。 
お琴、三味線なんて見たこともないし敷居が高いかも…なんて心配はいりません。私自身、大学で箏曲部に入ったときは全くの初心者。ツメをどの指にはめるのかも知りませんでした(笑) 
お琴も三味線もこんなに楽しいんだ!と思って頂けたらとってもうれしいです。 
お琴、三味線は400年以上も前から日本人に親しまれてきた楽器です。 
日本人としてのアイデンティティを曲や歌詞の中に感じる事も楽しみのひとつかも。


咲く楽マルシェでは、お琴の演奏をさせていただきます。小さい子どもさんにも楽しんでもらえるよう、となりのトトロより「さんぽ」などみんなで口ずさめる曲もさせていただく予定。ぜひぜひ遊びに来てください♡

大津発!女性太陽化プロジェクト第一弾 咲く楽マルシェ4.18

2017年4月18日(火)10:00~16:00

旧大津公会堂3階ホール大津市浜大津1丁目4番1号

主催:大津市女性起業家経営スクール受講生

後援:大津市、大津市教育委員会

協力:株式会社Megami

問合せ: sakuramarche4.18@gmail.com